Mac miniはHDDをSSDにしているため注意が必要

SSDのノーパソすら壊したから、HDDノ-パソを買って、原則移動禁止かつ細心の注意で取り扱ってる。SSDに大きなファイルを置かないよう注意してるのに、どうしてこんなに空きが逼迫してるんだろうと思って調べてみたら犯人が見つかった。Janetterのキャッシュが8.5GBとか。複数台は識別コードを変えないといけないから、その点は注意が必要だ。SSDいいな。2011年に換装した128GBのSSDを500GBへの変更も考えてる。SSDは円にかかわらずどんどん値段下がってる。いま最安クラスは256GB1万512GB2万。BDドライブは再生ソフトが色々とクソだから注意。mac miniはハードディスクをSSDに交換しているから、そういうことをした人向けに注意しないといけない点があって、それが最新OSのEl Capitanだったら改善された、みたいな話を読んでアップデートしてみたら、かなキー英字キーが効かなくなった。

自分でやった分だけ人件費が抑えられるからその差は大きい。SSDにしたらもうHDDには戻れないから注意。ChromeがフリーズするときはだいたいHDDの使用率が100%になってんだけどChromeはSSDに入ってるんだよな。概ねSSDの方が原音に近い音質になる。HDはちょっと癖がのる感じがするけど、これはHDのメーカーやモデルによっても違い、極論で申しあげれば、保存先に使用するHDやSSDのモデルによりリッピングデータの音質が異なるようだ。確かにSSDにすると起動時間がかなり短縮されたし、デスクトップが表示されてからブラウザを起動するまでの時間も短い。でもやっぱりブラウジングとか動画見る程度じゃ通常使用におけるメリットは少ないな。